Maison Martin Margiela 30YM008

ベルギー出身のデザイナーMartin Margiela(マルタン・マルジェラ)が1988年に立ち上げたブランド。


アンチモードを掲げ衣服の再構築、再定義をコンセプトにしたデザインは、流行に流されない独自のスタイルを提案したデストロイ・コレクションや軍服のリメイクやペンキでのホワイトペイントなど前衛的なスタイルでポペリズム(貧困者風)という形を生み出し、業界にセンセーショナルな風を巻き起こした。


1998年にはエルメスのプレタポルテのデザイナーに就任し、翌年には自身のブランドにおいてメンズラインを立ち上げた。


その後、2002年にブランドを買収したディーゼルのレンゾ・ロッソの商業的な方針に対し、2009年を最後にデザインには関わらないと言うことで退任を表明した。


デザイナー在籍時にデザインされたこちらのセーターは、ブランドの特徴であるショールカラーにこだわったデザインで無駄なく上品に仕上がった一着です。


Made in ITALY


カラー:グレー

サイズ

M 着丈65 肩幅45 身幅52 袖65


素材:ウール100%

状態:新品

発送サイズ:80

こちらは通常発送商品です。
販売価格 49,500円(内税)
型番 MM1000-07
定価 92,880円(内税)
 グレー
M
カラー
サイズ

カラー
サイズ
 グレー
M